良い税理士の探し方と紹介のポイントとは?現役の税理士が教えます!

税理士と言うととみんな同じに見えるかもしれませんが実は得意分野やサービス、報酬額等は多種多様です。ところが自分にとって最適な税理士と出会うこと、紹介してもらうことは意外と難しいものです。そこで現役税理士の視点からどうやって税理士を探せば良いのか、良い税理士を見分けるポイントは何かを紹介します。

税理士報酬の相場

事業を開始されたばかりの方にとっては税理士報酬っていったいどの程度の金額なのか相場がわからないと思いますが、一般的に税理士報酬は売上高と業務量によって決まります。

会社の規模が大きくなると税理士の業務量が大きくなり責任も重くなるので報酬金額も大きくなってきます。また入出金簿や通帳を税理士に渡して記帳を委託(記帳代行)ような場合にもその分だけ報酬が高くなります。

税理士紹介会社として最も利用されている税理士ドットコムで公表されている税理士報酬相場から計算した年間報酬額は次のとおりです。

・法人の税理士報酬(顧問契約で3カ月に一度打ち合わせの場合)

年間売上 顧問料
(月額)
記帳代行料
(月額) 
決算料  年間報酬額
記帳代行なし  記帳代行あり 
1,000万円未満 20,000円~ 5,000円~  100,000円~ 340,000円~  400,000円~
1,000万円以上
3,000万円未満
25,000円~ 5,000円~ 120,000円~ 420,000円~ 480,000円~
3,000万円以上
5,000万円未満
30,000円~ 5,000円~ 140,000円~ 500,000円~ 560,000円~
5,000万円以上
1億円未満
35,000円~ 10,000円~ 160,000円~ 580,000円~ 700,000円~
1億円超
5億円未満
50,000円~ 10,000円~ 240,000円~ 840,000円~ 960,000円~

・個人事業主の税理士報酬(顧問契約で3カ月に一度打ち合わせの場合)

年間売上 顧問料
(月額)
記帳代行料
(月額) 
決算料  年間報酬額
記帳代行なし  記帳代行あり 
1,000万円未満 15,000円~ 5,000円~   80,000円~ 260,000円~  320,000円~
1,000万円以上
3,000万円未満
20,000円~ 5,000円~  100,000円~  340,000円~ 400,000円~
3,000万円以上
5,000万円未満
25,000円~ 5,000円~ 120,000円~ 420,000円~ 480,000円~
5,000万円以上
1億円未満
30,000円~  10,000円~  140,000円~ 500,000円~ 620,000円~

税理士報酬は安い方が良い?

一般的な税理士の報酬相場は概ね上記のとおりですが、それでも税理士を探していると顧問料月額1万円の税理士もいれば5万円の税理士もいるといった具合に報酬金額に大きなばらつきがあることに気がつくと思います。

では安い方が良いのかと言えば税理士報酬の決定には次のような要因があるため、希望するサービスによって報酬額は異なると言えるでしょう。

スタッフ一人当たりの顧問先数

税理士事務所の考え方によってスタッフ一人が担当する顧問先数は一般的には20~30社程度と言われていますが中にはスタッフ一人で50社やそれ以上の顧問先を担当する事務所もあります。

スタッフ一人当たりの顧問先数が多ければその分だけ報酬単価は低くなりますし、少なければ高くなります。低価格で最低限のサービスだけを提供してもらえれば良いのか、それとも定期的に税理士とコミュニケーションをとってアドバイスをしてもらいたいのかによって税理士報酬は変わってくるということです。

税理士が担当する業務範囲

税理士事務所と顧問契約を結んだ場合であっても直接日々の経理処理のチェックや相談業務を税理士が直接担当する事務所と、多くの業務をアシスタントが担当する事務所では料金が異なります。

アシスタントが対応する場合であってももちろん税理士が管理監督しているはずではありますが、十分な知識や経験を持った有資格者が直接担当する場合の方がサービスの品質が高くなることが通常です。

難易度や作業工数

税理士業務の難易度や作業工数は会社の規模に比例することが多いですが、規模が小さい場合であっても海外取引を行っている、子会社や関係会社を保有している、原価計算を行う必要がある等によって難易度や作業工数が変わってきます。

税理士を探すのにおすすめな4つの方法

信頼できる知り合いから紹介してもらう

信頼できる知り合いから税理士を紹介してもらうことは最もおすすめする方法の一つです。

メリット:

  • 信頼できる税理士を紹介してもらえる可能性が高い
  • 税理士を探すのが非常に簡単

デメリット:

  • 知り合いと相性の良い税理士が自分とも相性が良いとは限らない
  • 知り合いとの関係によっては他の税理士に変更しにくくなる

インターネットを使って探す

税理士事務所のウェブサイト、会計ソフト会社や税理士紹介会社の税理士検索サービスなどを使って税理士を探すこともおすすめな方法です。

メリット:

  • 多くの税理士から希望する条件で絞り込むことが容易
  • ウェブサイトの情報などから税理士の得意分野や事務所の雰囲気が分かる

デメリット:

  • 税理士を探すのに手間が掛かる
  • ウェブサイトの情報がどこまで正確かわからない

SNSを使って探す

最近増えている方法でfacebookやTwitterなどでたくさんの税理士をフォローしてみてその中から良さそうな税理士を探す方法です。

メリット:

  • 一定期間フォローしていると税理士の趣味や人柄がわかる
  • 税理士と仲良くなってスムーズに業務依頼できる場合がある

デメリット:

  • 税理士を探すのに非常に手間が掛かる
  • 時間をかけて選んだ税理士が業務を受託してくれるとは限らない

税理士紹介会社を利用する

最近では非常にポピュラーになっている方法で、自分だけで税理士を探すのは難しいという方におすすめします。

メリット:

  • 紹介会社が豊富なデータベースから希望する条件の税理士を無料でピックアップしてくれる
  • 価格交渉などをプロである紹介会社に任せられる
  • 税理士を選ぶのが非常に簡単

デメリット:

  • 紹介会社任せになってしまう
  • 税理士報酬の一部が紹介料に充てられるため税理士のモチベーションが下がる場合もある

<<おすすめの税理士紹介会社>>
どこの税理士紹介会社を良いか分からないという方には、まずは業界最大手である税理士ドットコムに登録してみることをお勧めします。税理士紹介会社のサービス内容がよくわかると思います。

税理士探しで大切な5つのポイント

これまで税理士に業務を依頼したことがない場合、いざ税理士を探そうとしても何を基準に探せばよいのかわからないと思いますが次の5つのポイントを基準に税理士を探してみることをおすすめします。

まとめ

税理士は事業をする方にとって「かかりつけ医」のような存在です。創業時から良い税理士と長い信頼関係を気づけることがベストです。もちろん途中で税理士を変更することも可能ですが自社の事業内容や創業からの経緯を理解してもうためには一定の時間が必要ですので慎重に検討してみてください。

税理士の得意分野やサービス、報酬額等は多種多様ですが最適な税理士と出会うこと紹介してもらうことは意外と難しいものです。そこで現役税理士の視点からどうやって税理士を探せば良いのか、良い税理士を見分けるポイントは何かを紹介します。
現在多くのクラウド会計を利用することができますが「どこが違うのかよくわからない」と言った声を耳にすることがあります。当サイトではクラウド会計3選としてfreee、MFクラウド、弥生オンラインをおすすめしていますがそれぞれを徹底的に比較します。
クラウド会計の大本命とも言えるfreeeですが、MFクラウドや弥生オンラインと比較してどのあたりが違うのか気になっている方もいらっしゃると思います。そこで今回はfreeeを実際に使ってみた特徴と評判をレポートすることにします。