税金の基礎

税金の基礎では「法人税」「所得税」「消費税」を初めて学ぶ方が、税務職員や税理士等の専門家と税務について議論できるレベルを目標に、税法の原則的な取り扱いを詳しくそして分かりやすく解説しています。

なお、税法は原則的な取り扱いのみならず例外的な取り扱いも数多くありますので、税金の教科書で学んだあとは、より専門的な書籍や法令通達を通してより理解を深めるようにしてください。


法人税の基礎

株式会社や合同会社などの利益には法人税が課税されます。法人税が課税される法人の定義やどのようにして納税額を計算するのか解説します

所得税の基礎

個人事業主や会社員などに課税される所得税が課税されます。所得税では所得を10種類に区分して税額を計算しますがその方法を解説します

消費税の基礎

商品やサービスなどを購入した場合に課税される消費税ですが、誰がどのようにして納税するのかその仕組みを解説します