キャッシュ・フロー計算書の読み方のポイント

これまで財務3表のうち「損益計算書」と「貸借対照表」について解説してきましたが、損益計算書の結果が黒字だったとしても現金やキャッシュが増えているとは限りませんし、貸借対照表でキャッシュの残高が分かったとしてもその動きは分かりません。

そこで会計期間中のキャッシュの動きを報告する財務諸表として「キャッシュ・フロー計算書」があります。キャッシュ・フロー計算書の読み方のポイントを解説します。

スポンサーリンク

キャッシュ・フロー計算書の記載内容

キャッシュ・フロー計算書(C/F)は、次のように「営業活動によるキャッシュ・フロー」「投資活動によるキャッシュ・フロー」「財務活動によるキャッシュ・フロー」の3つの段階に区分してキャッシュ(現金預金など)の動きを報告する財務諸表です。

キャッシュフロー計算書の例

このうち「営業活動によるキャッシュ・フロー」は売上や仕入、販売活動など会社本来の営業活動による収入と支出、「投資活動によるキャッシュ・フロー」は固定資産や有価証券の売買、貸付けなどの投資活動による収入と支出、「財務活動によるキャッシュ・フロー」は株式発行や借入れなどの資金調達による収入と支出が記載されています。

キャッシュ・フロー計算書から見えてくるもの

「なぜキャッシュの残高だけではなく、その動きを把握することが必要なのか?」を考えるために次の二つケースをご覧ください。

いずれのケースでも最終的なキャッシュの増減額は±0円で会計期間中にキャッシュの増減はありませんが、ケース1では営業活動でしっかりとキャッシュを増やし、増やしたキャッシュを将来の向けた投資や配当金の支払い、借入金の返済などに充てていることがわかります。

一方ケース2では営業活動で流出したキャッシュを、投資資金の回収や借入れによって穴埋めしおり、同じキャッシュの増減額±0円であってもケース1とはかなり違うことがわかります。

キャッシュフロー計算書から見えてくるものの例

企業の存続を考えた場合、最終的に企業が倒産する主な理由は赤字ではなくキャッシュの不足ですので、十分なキャッシュが手元にあれば赤字であってもすぐには倒産しませんが、黒字企業であってもキャッシュが無くなれば倒産してしまいます。

そういった意味においても、このようなキャッシュの動きを注意深く見ておくことは非常に大切なことです。次回はキャッシュ・フロー計算書から会社の状況をどのように見るかについてもう少し詳しく解説したいと思います。

<<前の記事 値引きが利益に与える影響とは?

次の記事 キャッシュ・フローから読み解く会社の状況>>

「会計のポイントここだけ」 トップページ

スポンサーリンク