第3回 運転資金とは何か?わかりやすく解説

前回は貸借対照表の右側は「どのように資金調達したか?」を表し、左側は「調達した資金が何に換わったか?」を表すものであると解説しましたが、今回は調達した資金が効率的に利用されているか、「運転資金とは何か?」についてわかりやすく解説します。

受取手形・売掛金の資金への影響

得意先との取引を手形や掛けで行っている会社も多くありますが、資金の有効利用を考える場合にはこういった取引が会社の資金にどのような影響を与えるのかを理解することが大切です。

そして、手形や掛けで販売するということは、販売から回収までの期間は資金を活用できない状態にあると言えるのです。

例えば月間の売上が3,000万円で売掛金の平均滞留期間が2カ月であれば、年間を通して平均6,000万円もの資金が活用できていないことになり、現金決済の場合と比較するなら、年間を通して常に6,000万円も資金繰りが悪くなります。

そして、自社の資金調達コストが年利3%であれば、現金決済の場合と比較して、180万円(6,000万円×3%)もの金利を余計に負担しないといけなくなります。

もちろんだからといって手形や掛けでの取引を一切やめて、現金取引だけにするというわけにはいかないと思いますが、それでも「受取手形や売掛金=活用できていない資金」ということを理解して、受取手形や売掛金の支払いサイトを短くする努力が大切です。

支払手形・買掛金の資金への影響

一方、「支払手形や買掛金が資金に与える影響は?」と言えば、受取手形や売掛金とは反対に既に商品や原材料などを仕入れているにも関わらず支払いが猶予されているものですので、支払手形や買掛金の支払いサイトは長いほど会社の資金繰りは有利になります。

例えば月間の仕入金額が2,000万円で買掛金の支払いが仕入から平均2カ月後の場合、年間を通して平均4,000万円もの支払いが猶予されていることになり、その分だけ活用できる資金が増えることになります。その結果、自社の資金調達コストが年利3%であれば、年間120万円(4,000万円×3%)の金利負担が減少することになります。

もちろん支払手形や買掛金の支払いサイトを一方的に長くすることはできませんが、少なくとも「売掛金の支払いサイトが2カ月なのに、買掛金の支払いサイトは1カ月」といったことにならないようにすることが大切です。

手持ち在庫の資金への影響

手形取引や掛け取引の他に会社の資金に大きな影響を与えるのが、商品や製品など手持ち在庫の存在です。製造業や卸売業、小売業などの業種の場合は事業の性格上どうしても在庫を抱えざるをえませんが、在庫は販売されるまで現金化できません。

そして、お金を支払って仕入れた在庫がいつまでも店舗や倉庫などに保管されているということは、仕入にかかった資金が在庫に形を変えて店舗や倉庫で眠っていることを意味します。

だからといって製造業や卸売業、小売業などの業種で在庫数量を極端に減らしてしまい、多くの在庫が欠品してしまうようだと売上の機会を逸することにもつながりかねませんが、「仕入れから販売までの過程を見直し無駄を省くこと」「製造数量や販売数量の予測精度を上げること」などの根拠を持った余剰在庫の削減によって、資金を無駄なく効率的な活用することが大切です。

経常運転資金とは?

このように「受取手形・売掛金」や「手持ち在庫」は資金の活用にマイナスの効果がある一方で、「支払手形・買掛金」はプラスの効果があるわけですが、これらの3つの金額から計算した「受取手形・売掛金」-「支払手形・買掛金」+「在庫」の金額を「経常運転資金」といい、会社が営業活動を行うために必要な運転資金と考えられています。

そして、会社の資金繰りを良くするためには、日頃からこの経常運転資金のモニタリングを通して、資金が無駄になっている部分がないかチェックすることが大切です。

経常運転資金の計算式

<<前の記事 第2回 貸借対照表の読み方のポイント

次の記事 第4回 「のれん」とは?貸借対照表に載らない資産と負債>>

「会計のポイントここだけ」 トップページ