2.3.7 生命保険料の取り扱い

法人が自己を契約者として役員や使用人を被保険者とする生命保険料を支払った場合、その保険契約の内容に応じて法人税の取り扱いが異なります。

生命保険の区分

3種類の生命保険

法人税では役員や使用人を被保険者とする生命保険を次のように養老保険、定期保険、定期付養老保険の3種類に分けています。

定期保険:被保険者が死亡した場合に死亡保険金が支払われる保険
養老保険:被保険者が死亡した場合に死亡保険金、満期の場合に満期(生存)保険金が支払われる保険
定期付養老保険:養老保険に定期保険特約が付いているもの

保険料の取り扱い

法人税は生命保険を定期保険、養老保険、定期付養老の保険の3種類に区分しますが、支払う保険料については、大きく定期保険(一般の定期保険、長期平準定期保険、逓増保険)と養老保険に分けて、それぞれ法人税の取り扱いを定めています。

なお、定期付養老保険は養老保険と定期保険が組み合わさったものですので、保険料が養老保険分と定期保険分に区分されている場合は、それぞれを養老保険または定期保険として、区分されていない場合は養老保険として取り扱います。

定期保険

定期保険とは被保険者が死亡した場合に死亡保険金が支払われる保険で、保険金額や被保険者の年齢などに応じて、一般の定期保険、長期平準定期保険、逓増定期保険の3種類に区分されます。

次のフローチャートに従って区分することができます(ただし2008年2月28日以降契約分についてのみ)

一般の定期保険

一般の定期保険では保険金の受取人によって次のとおり保険料の取り扱いが決められています。

・死亡保険金の受取人がその法人の場合
支払った保険料の額は、保険料として期間の経過に応じて損金になります。

・死亡保険金の受取人が被保険者の遺族である場合
支払った保険料の額は、保険料として期間の経過に応じて損金の額になりますが、役員や部課長など特定の使用人(親族を含む)のみを被保険者としている場合には、その役員または使用人に対する給与として取り扱います。

長期平準定期保険

長期平準定期保険とは定期保険の中でも特に保険期間が長期のもので、保険期間開始から60%までの期間とそれ以降の期間に分けて保険料の取り扱いが決められています(役員または使用人の給与になるものを除く)

・保険期間開始から保険期間の60%までの期間(1年未満の端数切捨て)
保険料の1/2を前払金として資産計上し、それ以外の部分は一般の定期保険と同様に取り扱います。

・上記以降の期間
支払った保険料の額は一般の保険料と同様に取り扱います。前払金として資産計上されている金額は期間の経過に応じて取り崩します。

逓増定期保険

逓増定期保険とは定期保険のうち、契約開始から保険期間満了までに保険金額が5倍以内に増加するなどの条件を満たしたもので、保険期間開始から60%までの期間とそれ以降の期間に分けて保険料の取り扱いが決められています(役員または使用人の給与になるものを除く)

・保険期間の60%までの期間(1年未満の端数切捨て)
被保険者の年齢などに応じて支払った保険料の1/2、2/3まては3/4を前払金として資産計上し、それ以外の部分は一般の定期保険と同様に取り扱います。

・上記以降の期間
支払った保険料の額は一般の保険料と同様に取り扱います。前払金として資産計上されている金額は期間の経過に応じて取り崩します。

養老保険

養老保険とは被保険者が死亡した場合に死亡保険金、満期の場合に満期(生存)保険金が支払われるものをいい、

・死亡保険金と満期(生存)保険金の受取人が当該法人の場合
支払った保険料は保険事故の発生や保険契約の解除などで保険契約が終了するまでは保険積立金(資産)として計上します。

・死亡保険金と生存保険金の受取人が被保険者(または遺族)の場合
支払った保険料は、その役員または使用人に対する給与として取り扱います。

・死亡保険金の受取人が被保険者の遺族、生存保険金の受取人がその法人の場合
支払った保険料のうち2分の1は保険事故の発生や保険契約の解除などで保険契約が終了するまでは保険積立金(資産)として計上します。残りの2分の1は期間の経過に応じて損金にしますが、役員や部課長など特定の使用人(親族を含む)のみを被保険者としている場合には、その役員または使用人に対する給与として取り扱います。

定期付養老保険

定期付養老保険とは養老保険に定期保険特約が付いているものをいい、保険料が生命保険料と養老保険料に区分されている場合は、それぞれ生命保険または養老保険として取り扱います。生命保険料と養老保険料に区分されていない場合は、養老保険として取り扱います。

関連記事

2.3 損金の計算の基礎

法令等

この記事は2018年12月31日現在の法令等に基づいて書かれています。