消費税の基礎一覧

NO IMAGE

消費税の2種類の納税義務者とは?

国内で商品の販売やサービスの提供等を行った場合には原則として消費税が課税されますが、間接税である消費税は税負担をする消費者が実際に納税義務者として国に納税するわけではありません。消費税の納税義務者についてわかりやすく解説します。

NO IMAGE

消費税における国内取引の判定方法とは?

消費税の課税対象は国内取引に限られるため、消費税額を計算するためには取引が国内で行われたものか国外で行われたものかを正確に判定しないといけませんが、取引によってはその判定が難しいものもあります。国内取引と国外取引の具体的な判定方法を解説します。

NO IMAGE

消費税が課税されない非課税取引とは?

消費税は資産の譲渡や貸付け、役務の提供に対して課税されますが、そもそも消費税の課税対象としてなじまなかったり、政策的な配慮が必要なために非課税取引としているものがあります。具体的にどのようなものが非課税取引の対象になるのか詳しく解説します。

NO IMAGE

消費税における免税取引の範囲とは?

消費税は消費に対して課税される税金ですが、海外に輸出販売されるものに対して課税されてしまうと結果として海外での消費に対して消費税が課税されることになってしまいます。そこで輸出されるものについては免税取引として消費税が免除されることになっています。

NO IMAGE

消費税における資産の譲渡等の時期の特例

消費税では原則として資産を引き渡した時等に課税されますが、リース取引や工事など資産を引き渡した時等では適切ではない取引もあります。そこで、そのような取引では消費税が課税される時期について特別な取り扱いが設けられているのでわかりやすく解説します。