消費税の基礎一覧

NO IMAGE

1.1 消費税の納税義務者

国内で商品の販売やサービスの提供等を行った場合には非課税になる場合等を除いて消費税が課税されます。しかし消費税は間接税ですので消費者が税負担しますが消費者が実際に納税義務者として国に納税するわけではありません。

NO IMAGE

1.2 納税が免除される事業者とは?

国内で事業を行う事業者は原則としてお客さんから受け取った消費税を納税しないといけませんが、小規模な事業者の事務負担を考慮して、一定の要件を満たす小規模事業者は消費税の納税義務が免除されています。

NO IMAGE

1.3 消費税の課税期間と確定申告、中間申告

法人税等の税金は各事業年度ごとに税額を計算しますが、消費税の場合は事業年度ではなく課税期間ごとに納付する税額を計算します。課税期間とは何か、それぞれの課税期間の確定申告及び中間申告の期限について詳しく解説します。

NO IMAGE

2.1 消費税額の計算の概要

小規模事業者として消費税が免除される場合等を除いて、事業者は課税期間ごとに消費税の申告と納付をする必要があります。事業者が申告納付する消費税の金額がどのように計算されるのか、その概要について解説します。

NO IMAGE

2.2.1 国内取引の判定

消費税が課税される対象は国内で行った取引ですので、事業者が行った取引が国内で行われたものか国外で行われたものかを正確に判定しないといけませんが、取引によってはその判定が難しいものもあります。

NO IMAGE

2.3.1 非課税取引とは?

消費税は資産の譲渡や貸付け、役務の提供に対して課税されますが、そもそも消費税の課税対象としてなじまなかったり、政策的な配慮が必要なために非課税取引としているものがあります。

NO IMAGE

2.3.2 免税取引とは?

消費税は国内での消費に対して課税される税金ですが、海外に輸出販売されるものに対して課税されてしまうと、結果として海外での消費に対して消費税が課税されることになってしまいます。そこで輸出されるものについては消費税を免除することにしています。

NO IMAGE

2.4.1 資産の譲渡等の時期(原則)

消費税は資産の譲渡等に対して課税されますが、なかには資産の譲渡等がいつ行われたのか判断に迷うケースもあります。例えば不動産業を営む事業者が住宅を販売した場合、消費税が課税されるのは移転登記をした時でしょうか、それとも鍵を渡した時でしょうか?

NO IMAGE

2.4.2 資産の譲渡等の時期(特例)

リース取引や工事などの中には一般的な取引と同様に資産の引き渡し時などの時に消費税を課税することが適切ではないものがあります。したがって、そのような取引については消費税が課税される時期について特別な取り扱いが設けられています。