一覧

NO IMAGE

2.4.4 繰延資産

支出の効果が将来の期間にわたってあらわれる費用を繰延資産といい、所得税ではそのような費用について必要経費にするための特別なルールを設けています。

NO IMAGE

2.4.5 貸倒損失と貸倒引当金

所得税では、事業から生じた売掛金、貸付金、前払金等の債権が貸し倒れた場合、一定のルールにしたがって必要経費にすることができます。また、貸し倒れに備えるための引当金の計上も認められています。

NO IMAGE

2.4.6 同一生計の親族に支払う給料や賃借料など

個人事業では事業主の親族が事業に従事することは珍しくありませんが、このような場合に親族が受け取る給与等は、労働の対価かそれとも扶養のために生活費として支給されたものかを明確に区分することは容易ではありません。

NO IMAGE

2.4.7 青色申告特別控除

適切な申告と納税のために、所得税では一定の要件を満たした帳簿を備え付けている納税者が税務署長の承認を得た場合には青色申告書を提出することができ様々な特典を受けられますが、それらの特典の一つに青色申告特別控除があります。

NO IMAGE

2.5.1 損益通算

所得税では所得を10種類に区分してそれぞれ所得金額を計算するため、ある所得は黒字だが別の所得は赤字ということが発生します。そこで「不動産所得、事業所得、譲渡所得、山林所得」で発生した赤字については、他の黒字の所得の金額と通算する損益通算が行われます。

NO IMAGE

2.5.2 損失の繰越しと繰戻し

所得税は暦年課税を原則としていますが、損益通算をしても残った損失や雑損控除の控除不足額は一定の要件を満たす場合、翌年以降3年間の所得金額から控除することができます。また、一定の純損失については前年の所得税の還付を請求することができます。

NO IMAGE

2.6.1 所得控除の概要

納税者に扶養親族がいたり多額の医療費を支払った場合などには所得税の額を計算するにあたりそれらの事情を考慮する必要があります。そこで、所得税では納税者の個人的な事情を考慮して、一定の場合には所得金額から定められた金額を控除することにしています。

NO IMAGE

1.1 消費税の納税義務者

国内で商品の販売やサービスの提供等を行った場合には非課税になる場合等を除いて消費税が課税されます。しかし消費税は間接税ですので消費者が税負担しますが消費者が実際に納税義務者として国に納税するわけではありません。

NO IMAGE

1.2 納税が免除される事業者とは?

国内で事業を行う事業者は原則としてお客さんから受け取った消費税を納税しないといけませんが、小規模な事業者の事務負担を考慮して、一定の要件を満たす小規模事業者は消費税の納税義務が免除されています。

NO IMAGE

1.3 消費税の課税期間と確定申告、中間申告

法人税等の税金は各事業年度ごとに税額を計算しますが、消費税の場合は事業年度ではなく課税期間ごとに納付する税額を計算します。課税期間とは何か、それぞれの課税期間の確定申告及び中間申告の期限について詳しく解説します。