一覧

NO IMAGE

2.1 所得税の計算の全体像

所得税では各種所得の金額の計算から始まって税額計算に至るまでに様々なステップを踏んで税額を計算するため慣れないと非常に複雑に感じます。ここでは所得税額計算の概要を簡単に説明していきます。

NO IMAGE

2.2 所得の種類

所得の種類が異なると合理的な所得金額の計算方法や担税力も異なることから、所得税では所得を給与所得や事業所得、譲渡所得などの10種類に区分し、それぞれの所得のごとに所得金額を計算することにしています。

NO IMAGE

2.2.1 利子所得の計算

預貯金の利子や公社債の利子などの所得は利子所得として所得金額を計算します。ここでは、利子所得の金額をどのように計算するのかを解説します。

NO IMAGE

2.2.2 配当所得の計算

法人から受け取る剰余金の配当や株式投資信託の収益の分配などの所得は配当所得として所得金額を計算します。ここでは、配当所得の金額をどのように計算するのかを解説します。

NO IMAGE

2.2.3 不動産所得の計算

所得税では不動産や船舶(総トン数20トン以上)、航空機の賃貸収入は不動産所得として所得金額を計算します。ここでは不動産所得の金額をどのように計算するのかを解説します。

NO IMAGE

2.2.4 事業所得の計算

所得税では農業や漁業、製造業、卸売業、小売業、サービス業等は事業所得として所得金額を計算しますが、事業所得の金額がどのように計算されるかを解説します。

NO IMAGE

2.2.4.1 売上原価の計算

卸売業や小売業、製造業などのように棚卸資産を有する事業では、事業所得の金額の計算上、売上原価の計算はとても重要です。ここでは所得税で売上原価をどのように計算するかを解説します。

NO IMAGE

2.2.4.2 貸倒引当金と退職給与引当金

所得税では一定の要件を満たす場合には、将来の貸倒れや退職金の支払いに備えるために貸倒引当金や退職給与引当金を計上することが認められていますので、これらの引当金について解説します。

NO IMAGE

2.2.5 給与所得の計算

会社員や会社役員、公務員などが受け取る給与や賞与、事業専従者が受け取る専従者給与などは給与所得として所得税が課税されますが、給与所得の金額をどのように計算するのかについて解説します。