一覧

NO IMAGE

1.1 所得税の納税義務者

所得税は個人の利益に対して課税される税金ですが、住居が国内にあるか等によって課税される所得の範囲が異なります。また、一定の場合には法人にも所得税が課税される場合があります。

NO IMAGE

1.2 所得税の納税地

所得税の申告や申請等の基準となる場所を納税地といい、例えば所得税の申告や申請等は納税地を所轄する税務署長に提出することになっています。

NO IMAGE

1.3 所得税が課税されないもの

会社員が受け取った給与や自営業者の利益には所得税が課税されますが、所得税は全ての所得に対して課税されるわけではなく一定のものについては非課税所得または免税所得として所得税が課税されないことになっています。

NO IMAGE

1.4 実質所得者課税の原則

個人が資産や事業から得た収益には所得税が課税されますが、例えば法律上これらの収益を得たとされる人が単なる名義人である場合、所得税は誰に対して課税されるのでしょうか?

NO IMAGE

1.5 所得税の申告と納付

所得税は申告納税方式の税金のため納税者は原則として毎年、所得の金額と税額を自ら計算して所轄税務署長に申しないといけません。

NO IMAGE

1.6 修正申告と更正の請求など

所得税は申告納税主義の税金のため納税者が自ら所得金額と税額を計算して申告納付しますが、申告納付した税額に誤りがあったり申告しなかったなどの場合には、修正申告や更正の請求、更正・決定といった手続きや処分があります。

NO IMAGE

1.7 青色申告とは

適切な申告と納税を行うためには帳簿書類を備え付けて、それに基づいて所得金額と税額を計算する必要があります。そこで、納税者の帳簿書類の備え付けを促進するために、一定の要件を満たした帳簿を備え付けている場合には税務上の特典を与えることにしています。

NO IMAGE

2.1 所得税の計算の全体像

所得税では各種所得の金額の計算から始まって税額計算に至るまでに様々なステップを踏んで税額を計算するため慣れないと非常に複雑に感じます。ここでは所得税額計算の概要を簡単に説明していきます。

NO IMAGE

2.2 所得の種類

所得の種類が異なると合理的な所得金額の計算方法や担税力も異なることから、所得税では所得を給与所得や事業所得、譲渡所得などの10種類に区分し、それぞれの所得のごとに所得金額を計算することにしています。

NO IMAGE

2.2.1 利子所得の計算

預貯金の利子や公社債の利子などの所得は利子所得として所得金額を計算します。ここでは、利子所得の金額をどのように計算するのかを解説します。